令和2年度「第11回常設審議委員会」の結果について

◎日時
  令和3年2月26日(金)午前10時~

◎場所
  宇都宮市「とちぎアグリプラザ」

◎出席状況
  常設審議委員 18名(定数:18名)

◎付議事項
  ①:農地法(第4条・第5条)に基づく意見聴取(令和3年2月分)

    8市町:13件(第4条:2件、第5条:11件)

  ②:農業経営基盤強化促進法(第5条)に基づく「農業経営基盤の強化の促進に関する基本方針」の

    見直しに係る意見聴取

◎審議の結果

  ①:農地法

    全て原案のとおり承認となった。

  ②:農業経営基盤強化促進法

    下記の意見等を回答した。

     ○「モデル的経営類型の指標」は現場の実態と合っていない。

     ○「経営の多角化(6次産業化)」の文言を削除したのは、県としてどう考えるのか。

     ○「6次産業化」に拘るより、「アグリビジネス」という観点の方が良い。

     ○中規模農家の位置づけは、どう考えるのか。

     ○中山間地域の農地は、今後どうするのか。もっときめ細かい対応を考えて欲しい。

     ○今、地域の農地を担っている人が高齢化等で限界に来ている。

 

  ※ 新型コロナウイルス感染症拡大防止対策を実施した。

   【3密の回避(密集回避、密接回避、密閉回避)】

    ●身体的距離の確保 ●マスクの着用 ●換気 ●消毒液の設置